bekiranofuchi’s blog

社会を独自の視点で描いてみたいという男のつぶやき。

アゾレス紀行

                           

「アソーレスって知ってる」と家内から聞かれたのはこの春だった。

アソーレス?一瞬、何のことかわからず家内に聞くと、カナダに在住する次女の家族が遅れた夏季休暇を過ごす場所らしい。そのメールを見てみるとアソーレスとはポルトガル語アゾレス諸島のことだとわかった。9月にそこに旅行するので一緒に行かないかとの誘いであった。

アゾレスか、とつぶやくと怪訝な顔で家内が知っているのか聞いてきた、私は迷うことなく謎の大陸アトランティス、その残跡といわれ大西洋の真ん中にあるんだと答えていた。 

一万二千年前、一夜にして海中に埋没したといわれる地上の楽園、さんさんと降り注ぐ陽光のもと葡萄、あらゆる香料や主食の穀物が採れ豊かな川や湖そして家畜や野生動物に豊富な餌を提供する草原、また豊かな森林と地下資源に恵まれたアトランティス。 

はるか昔、少年雑誌で目にしたのはアトランティスの楽園が一夜にして海中に埋没するという極彩色の地獄絵図だった。その夜は布団に入ってもなぜか興奮して眠れなかった。それからというもの好奇心に駆られ私はアトランティスに関する書物を漁ってはむさぼり読んだ。

友人からも親からもからかわれながら、ひたすら空想の世界で幻のアトランティスを構築しその再現を夢想していた。その当時からアトランティス埋没の跡といわれていたのがアゾレス諸島であった。

小学校卒業を控えたある日、物知りの友人が教えてくれた。海洋調査と科学技術の発展によってアトランティスそのものの存在が科学的に否定されたのだという。そして中学生になりやがて私の脳裏からアトランティスは消え去っていた。 

次女のメールから私は少年時代の夢を瞬時によみがえらせた。科学的な実証論はともかく少年時代の神話をいまこそアゾレス諸島に追ってみようと思った。 

 

プラトン

そもそもアトランティスについて伝えたのは哲学者のプラトンだ 。プラトンは 「対話篇」と呼ばれる著作群でアトランティスに触れている。アトランティスについて語られているのは、プラトン晩年 (BC350年代 )の対話篇、 『ティマイオス』と 『クリティアス』においてである。

その情報源はアテナイのソロンに遡るといわれる。ソロンは、BC594年にアテナイで民主的改革をおこなった人物で古代ギリシアの「七賢人」の一人でもある。このソロンがエジプトへ旅した際、ナイル川河口の西にあった都市サイスの神官から、アトランティスの物語を聞いたというのである。

そしてクリティアスの曾祖父ドロピデスがソロンからその物語を聞き、クリティアスの祖父に伝え、クリティアスは幼い頃に何度もその話を聞いたのだと述べる。クリティアスはあとで、ソロンが書きとめた記録が手元に残されているのだともいっている。エジプトの神官によると、アトランティスが存在したのは、ソロンの時代から九千年以上前で、ソロンがエジプトを訪れたのはBC593頃と伝える記録がある。つまり、いまから一万二千年ほど前ということになる。人類史の区分ではまだ石器時代のその頃であり、科学的には国家の存在は確認されていない。

アトランティスはどこにあったのか)

クレタ島西インド諸島がその残蹟だという説があるがいずれも私の少年時代には否定されている。

なによりもエジプトの神官がソロンに向けて語っている 。 「… あの大洋 [大西洋]には──あなた方の話によると 、あなた方のほうでは 『ヘラクレスの柱』とこれを呼んでいるらしいが──その入口 (ジブラルタル海峡)の前方に、一つの島があったのだ。そして、この島はリビュアとアジアを合わせたよりもなお大きなものであったが、そこからその他の島々へと当時の航海者は渡ることができたのであり、またその島々から、あの正真正銘の大洋をめぐっている対岸の大陸全土へと渡ることもできたのである」その向こう側 (前方)に存在したというので、アトランティスは大西洋にあったということになる。

そしてアトランティス島は、リビュアとアジアを合わせたより大きい島であったといわれている。 「リビュア」とは当時の北アフリカ一帯、「アジア」は小アジアすなわち現在のトルコあたりを指している。また古代では、大西洋の周りを取り囲んで陸地が存在すると思われていたようである。

「しかし後に、異常な大地震と大洪水が度重なって起こった時、過酷な日がやって来て、

その一昼夜の間に、あなた方 [アテナイ人]の国の戦士はすべて、一挙にして大地に呑み込まれ、またアトランティス島も同じようにして、海中に没して姿を消してしまったのであった。そのためにいまもあの外洋は、渡航もできず探険もできないものになってしまっているのだ。というのは、島が陥没してできた泥土が、海面のごく間近なところまで来ていて、航海の妨げになっているからである。」(『アトランティス・ミステリー プラトンは何を伝えたかったのか』庄子 大亮著(PHP新書)からの要約。下線は筆者が追加)そうか!島が陥没してできた泥土それがアゾレス諸島なのだ、そう思い込みつつ胸躍らせてアゾレス諸島に向かった。

 

アゾレス諸島について)

日本を発つ前に現地に関する予備知識を仕入れようとアマゾンでガイドブックを探した。

地球の歩き方」は無理としても何かあるだろうと思っていたがなんと一冊のガイドブックもヒットしない。探し当てたのはアゾレスの郷土料理に触れたポルトガル料理の本と女子美大教授で美術批評家の杉田敦のエッセイ「アソーレス、孤独の群島:ポルトガルの最果てへの旅」の2冊であった。購入して読んでみたが料理本はともかくとして杉田敦のエッセイはポルトガルとアゾレスに惚れ込んだ大学教授のバックパッカー的な紀行文でそれなりに参考にはなったが旅のガイドブックの用は果たさなかった。ネットサーフィンの結果、ようやく手にした情報は次のようなものである。

 

ポルトガル西方約 1200kmの北大西洋上にある群島。ポルトガル語でアソレス諸島 Arquipélago dos Açoresという。ポルトガルに属し,1976年の憲法によって自治地方となった。群島は三つのグループに分かれ,南東群はサンミゲル,サンタマリアの各島,中部群はファイアル,ピコ,サンジョルジェ,テルセイラ,グラシオサの各島,北西群はフロレス,コルボの各島からなる。サンミゲル島の南岸にあるポンタデルガダ自治地方の行政中心地となっている。 15世紀前半にポルトガル人によって植民が開始された。火山性の島でしばしば地震に見舞われ,どの島も山が迫り周囲は断崖絶壁が多い。最高点はピコ島のポンタドピコ (2351m) 。夏の平均気温 22℃,冬は 15℃程度と温和なところから,保養地として有名。かつては捕鯨が重要な生業であったが,現在は,マグロ,ボラ,カツオ漁が中心。パイナップル,魚の缶詰,刺繍細工を輸出。またピコ島では,15世紀以降ブドウ栽培が行なわれ,島に広がるブドウ畑の景観は,2004年世界遺産文化遺産に登録された。面積 2247km2人口 24万 1592 (1991推計) (『ブリタニカ国際百科事典』)

2009年には「生物圏保護区」としてユネスコに登録。

 

そんなわけで私はほとんど予備知識を持たずして、9月になり家内を伴い次女夫婦が暮らすトロントに旅たった。三年ぶりのトロントはちょうど国際映画祭が終わったばかりであったが、空港近辺からダウンタウンまですべてのハイウエイでは車があふれかえり建築中も含め高層ビルが乱立してそのめざましい発展ぶりにはただ驚愕するばかりであった。

トロントで最大のビジネスは移民ビジネスでおそらく次はITとシネマビジネスとの地元の噂は本当のようだ。

 

サンミゲル島

トロントからアゾレス航空に乗り5時間半でポンタデルガダ空港に到着。

九つの島からなるアゾレス諸島ポルトガル自治領であり最大の島サンミゲルにキャピタルのポンタデルガダがある。

サンミゲル島ポルトガル人により1427年に発見されたといわれ東西に90km南北に8-12kmの横長の島である。島の南西海岸沿いに空港がありポンタデルガダは空港から数キロ北東に位置し市街地は海岸線に平行して横長にほぼフラットに広がる。

ポンタデルガダで買い求めたガイドブックによると人口は68,809人。

アゾレス諸島の総人口は約24万人でサンミゲル等にその半分、その半分がポンタデルガダに居住していることになる。

太陽がいっぱいの島サンミゲル。気温は夏の最高気温が23度、冬も同じく23度と現地の人はいう。島のどこでも温暖なところかというとそうでもない。土産物屋には「Four seasons One day」と書かれたTシャツやキーホルダーが並んでいる。本当かと疑ったが、一日のうちで四季ーー日本の感覚では春夏秋そして冬は初冬という程度だがーーを経験することが確かに可能なのである。

 

空港からは予約済みのレンタカーVWを走らせ15分程度でホテルに着いた。

一週間宿泊する島の南部中央にあるホテルQuinta de Santa Barbara Cases Turisticas だ。帰国後知ったがなんとExpediaの評価4.9。ところが中世の城壁のごとき石塀に囲われたホテルのゲートは閉まっており呼び鈴をいくら押せども何の応答もない。あきらめて車に戻りかけたところ門扉の脇の小さなくぐり戸から老女が出てきた。門扉は夜の10時から朝の9時まで閉鎖されている。「チェックイン時間の9時においで」彼女はそっけなくいう。

スマホを見ると確かにまだ8時前だ。そこで荷物だけでも置かせてほしいと頼みだしたらオーナーらしき中年の男が奥から出てきて門扉を開けて車を内部に誘導してくれた。とりあえず荷物だけは預けて周囲を散策、するとすぐ近くにスパーマーケットがありその前の緩やかに傾斜した道路の先には大西洋の大海原が見える。ふしぎなことに海辺の空気は湿気がほとんど感じられずさわやかだ。

スーパーに入りまず海産物と果物の品数の多さと量に圧倒される。とりあえず飲料水そして朝食のパンとサラダ、ハムなど買い求めたが安いし量も多い。おそらく日本の半分ぐらいだろうと家内はいう。ホテルに戻りの部屋に入るとテーブルに日本茶のティパックが置いてあった、驚いたが後日その理由がわかって納得した。

 

おおむね食事は日本人の舌に合う。街中のレストランで昼食10ユーロ、夕食20-30ユーロ。高級ホテルの昼食30ユーロ、夕食が40-50ユーロ程度。食事はエビやカニをはじめとする魚介類が中心だが地元産ビーフも美味しい。多品種のワインや乳製品を地場生産しており欧州域内ではアゾレスの乳製品は特に人気が高いそうだ。ワインは赤白なんでもいけるがとにかく安い。チーズはソフトゴートのスパイス入りが格別。デザートにはアイスクリームとパイナップルがお勧めでパイナップルは大きな輪切りで数枚提供される。欧州でパイナップルが採集できるのはアゾレス諸島だけらしい。

飲み物は炭酸入りのパッションフルーツジュースがポピュラーでKIMAブランドがお勧め。

 

現地の人は温厚で優しい、英語は通じるが「ボン・デイア」「オブリガード」だけでも用は足せる。私の宿泊したホテルの隣町ラゴアはサンミゲルに移住したポルトガル人最初の居住区の一つであり16世紀のカソリック教会が点在しそのまわりには小さな陶器工場が散在する。栄華を誇った繊維工場の跡がそのまま放置されている。しかしその工場跡の裏手に広がる工場労働者の宿舎と思しきアパート群は清潔で悲壮感というより秘めたる生活力を感じる。

 

島の北部にはサーファーの聖地といわれ第一回世界サーフィーン大会が開催されたリベラ・グランデがある。そこから車で20分ほど走ると島の北東部ファーナスに至る。そこには標高千メートル近い火山がありふもとは広大なお茶畑、そして高級ホテルのテラ・ノストラがありここでランチを楽しむと無料で広大な植物園と温泉が楽しめる。

お茶は200年ほど前に中国人の豪商が栽培を始めていまではサンミゲルの主要産物となっている。

 

西端のセテ・シダデスの町には直径5km水深30mというカルデラ湖がある。その湖は透き通るような青色と美しい緑色と二つの水面に分割されその境界を道路が走る。

その道路は400メートルほどの高さまで山頂を上り展望台に至る。そのふもとには広大な牧場がひろがり白黒まだらの牛がのどかに牧草を食んでいる。

 

島の中央部、標高300-1000メートル超ほどの高地にはいたるところに整備されたトレイルが20か所ほどある。アスリート向けから家族連れ向けまでセグメントされたトレイルを選んで歩きだすと枝葉色づく秋から霧雨の初冬へと移り変わる風景と気候が楽しめる。

 

400年前の首都ヴィラ・フランカ・ド・カンポにはポンタデルガダ港から出発するホエールウオッチング(クジラかイルカどちらかが必ず見ることができるとの保証付きでもし見ることができなかったら無料)の船で行くのが便利だ。

なだらかな坂道の多い古都を手作りのケイジャーダ(卵とミルクを豊富に使ったクッキー)片手にめぐり港からフェリーに乗り10分すると大きな岩をくり抜いたような不思議な海水浴場がある。そこでは大きな波の影響はなく小さな子供から老人まで安心して海水浴を楽しめる。

 

ほとんどの観光客は白人でありアジア、アラブ、アフリカ系は数人見受けただけである。大型観光船が寄港した直後を除きポンタデルガダの繁華街ですら観光地特有の雑踏は見られない。唯一の心残りはファドを聴きに行く時間がなかったことだ。しかし最大の発見は・・・

 

アゾレスとは夢見たアトランティスとは異なり時間が停止するほど心休まるリゾートであった。

東京オリンピック札幌会場は国民の責任

IOCは16日、東京五輪の暑さ対策の一環として、マラソン競歩を北海道札幌市で実施することを計画していると発表した。そして東京オリンピック組織委員会の森会長は「われわれが駄目だと言えるのか」と見栄を切った。その通りである。

民主主義日本の国民は為政者の森会長に恫喝されたのである。

なぜか、そもそも真夏の東京でオリンピックなど狂気の沙汰であることは日本人の常識である。それを目先のパンとサーカスに目がくらみ東京オリンピックを唯々諾々と黙認してきたその結果だからである。すなわち金権強欲主義に国民は民主主義を売り飛ばしたのだ。もちろんカネ欲しさに強行してきた東京都も政府も悪い。しかしこんな愚行の誘致疑惑を放置して必然性なき国立競技場の建て替えなど一過性の投資に血税を浪費され何ら異議申し立てをしなかった国民が一番悪いのではないか。森委員長のみならずIOCそして世界から民主主義精神の劣化とオモテナシとは真逆の無責任さを指摘されても仕方ないではないか。

為政者がオリンピックを真夏の東京で開催することを決めたこと自体が間違ってる。

デフレに加えて連続する災害の渦中に消費増税をするのは更に間違ってる。

最も間違ってるのオリンピックも消費増税大きなリスクがあることを一番よく知りながら異議申し立てを行い為政者にNOを突きつけなかった多くの国民である。

国会前に出向かずともスマホが身体の一部となりSNSが庶民の井戸端となった今日、

如何様にも反対の狼煙はあげられる。

他国を中傷誹謗する暇があるなら一度でいいから国民の責任とはなにかを考えてほしい。人はパンのみにて生きるにあらず。瀕死の民主主義を放置してはならない。

ようやく動いた北陸新幹線

 

台風の影響を受け例年より参加者の少ない同窓会が終了し実家に戻ったのはまだ暗くなる前だった。そして13日午後から北陸新幹線は動くだろうとのニュースを微塵も疑わず明日の帰り仕度をして床についた。ところが13日朝のTVに映ったのは水没した長野の新幹線車両基地である。北陸新幹線は富山ー東京間での復旧目処立たず、とのテロップが流れた。
急遽ウェブでJR東日本を開いてみると何と上田駅は「避難指示解除まで閉鎖」とあるではないか。これはまいった。JR高速バスも終日運休だ。上田バス、千曲バスも運休。しなの鉄道も全線ストップ。手の打ちようがない。そこで13日に東京に戻るのは諦めて14日の手立てを見つけることにした。まず上田駅に電話をしたが繋がらない。数度かけてみたが繋がらない。そうか避難してるなら駅員は駅に居るはずがないのだ。仕方ないので手当たりしだいにウェブをサーフィンしてこれはと思うところに電話しまくった。そして軽井沢からJRバスが横川まで定刻で運行していること、さらに長野県内では運休の信越線が横川から高崎まで間引き運転していることがわかった。高崎から先は高崎線が動いてる。よし明日はこれを使おう、しなの鉄道が動くことが前提だがと決めると心が軽くなった。

 

さて空いた一日をどうしようかと手を頭にやり散髪に行こうと思った。海外旅行で散髪に行く時間がなくこの際ちょうどいい機会だと高校まで行きつけの理髪店に行ってみた。ここで半世紀ぶりに理容師の新チャンと感動の出会いをしたがこの話はまたの機会に。散髪が終わり上田駅に電話をしてみたが、やはり繋がらない。お昼になったのでサイゼリヤでパスタを食べて外に目をやるいい天気だ。少し歩こうとJAでお花を仕入れて墓参に向かった。菩提寺の境内では住職の妹さんが台風で吹き荒らされた落ち葉を拾っていた。軽く会釈をすると、カナダからお見舞いのメール頂きまして誠にありがとうございます、と言う。なんのことかわからず、咄嗟にどういたしまして、と答えてすれ違った。そうか次女の住むトロントから家内が台風見舞いのメールを出したのかと気がついて振り向くと妹さんは門の陰に消えていた。寅さんの妹さくらさんのような人だ。爽やかな秋風が頬に心地よい。墓参を終えてまた上田駅に電話をしたが出ない。むかっ腹が立つのでコンビニでナナコを使いレッドブル仕入れ飲みながら上田駅まで歩いて向かった。駅に着くと数人が駅正面に張り出された通知を見ている。ウェブに記載された文章が貼ってある。「避難指示解除まで閉鎖」誰が避難指示をしてるのか?上田駅以外に閉鎖している駅がいったい何処にあるのか。上田市のほとんどが昼には避難解除になっている。アホらしい。無駄な詮索はやめて実家に戻り錆びついたコックをひねり熱いシャワーを浴びながらスマホでラジコを聞いていた。すると北陸新幹線は長野と東京の間で臨時便を出したと言う。何だと人をおちょくってるのか?
スマホでJRHPを見ると上田駅閉鎖の通知が消えていた。

 

14日は朝の3時に起きてJRHPをチェック。上田駅閉鎖の掲示がないのを確認。コンビニコーヒーを飲み5時40分過ぎに上田駅に着いた。切符販売窓口の前には20人ほどの行列ができていた。よく見ると窓口はまだ空いていない。行列の前にいる人に聞くと6時に開くそうだと言う。始発は6時24分と表示されている。私の持つ特急券は13日なので14日に変更が必要だ。だが乗車券は14日まで有効だ。この人数では始発に乗れない可能性が高い。窓口が開いたが一人だけの対応だ。時間が来たら改札を突破してやろう、下車駅で話せば済むことだと決めて列に並んでいた。すると駅員が全席自由席ですから指定席はありません、とアナウンスし出した。なにを今更、表示板に書いてあるではないか。ところが列の前の数人が切符販売機に向かい駆け出した。後ろの人が呟いた。指定席が取れんかったら並んでも仕方ない、この切符で行こうと連れを促し改札口に走り出した。自動販売機で指定席券が買えることを知らない人や列車運行表示板を見ない人がこんなにいるのだ。おかげで列は短縮して何とか特急券を14日に切り替えてホームに上がった。
駅ホームの表示板は12両編成が10両になっている。想定外の事態にコンピュータシステムなんぞと言うものは対応できないのだ。福島原発で白日のもとに晒されたように大企業の雇われ経営者も想定外の事態には対応できないのだ。列車に乗ろうとすると後ろから指定席券を私に見せて嘆く人あり下車駅で払戻し請求したらと言い放ちつつ車内に乗り込むと空席多数おまけに暖房が効いている。車内システムまでも壊れたのか。
もったいないの精神で水没車両は闇雲に廃棄などせず点検のうえ中古車仕立て自由席だけの列車で運行してみたらどうだろうか。お仕着せのおもてなしも切符点検の人手も要らぬぞとJRに言ってやろう。

関西電力の金品受領問題

関電側では恫喝されたと言う。しかし組織ぐるみで長期にわたり脅されていたという、そのことは組織のコンプライアンス問題ばかりでなく事業そのものが世間に対する疚しさなり表面化できない後ろめたい問題を抱えていたのではないか。しかも動いた金の出どころと元手はすべて税金ではないか。
この問題は一企業の醜聞ではなく日本全体を席巻する金権強欲主義の象徴ではないだろうか。金権強欲主義とは文字通り、この世界は金さえあれば思いのまま如何ようにでもできる、金が全ての価値に優先するのだからあらゆる手段を使い金を手にすることを目指すイデオロギーのことである。

このイデオロギーを助長したのが日本国家の収奪システムある。
その原因は収奪的な政治制度(権威主義、独裁的)と収奪的な経済制度(高賦課税、アベノミクスという名の中央指令型計画経済)にある。
さらに為政者の論理性を無視した自己陶酔と膨張本能が収奪制を盤石のものとしてきた。

金権強欲主義の主役は政財官界のエリートだった。ところが今回の主役は町役場の元助役である。強者が権力を盾に弱者から金をはじめとする権益を巻き上げるのが従来の収奪制度だったが今回は弱者ではないものの町役場の管理職が天下の大企業を相手に収奪を行なったようなのだ。まさに下克上であり収奪戦国時代の幕開けを告げるような出来事に思えてくる。

それはまた日本という国家の没落を加速化することになろう。

安倍改造内閣は右翼強硬派か?

安倍改造内閣の新大臣の顔ぶれを見て右翼化という論調があるが本当だろうか。

安倍首相は改造内閣について、安定と挑戦の内閣だという。

そもそも右翼とは過去の視点から現時点を解釈するものであり安定はともかく挑戦などとは水と油である。

また寛容性と多様性が右翼の本質であるが、首相を筆頭に新大臣たちには、とてもそのような様相が見てとれない。

偏狭な主観と独善で異論を封じ込め弱者を切り捨てる国民搾取の内閣である。

 

 

グリーンランド購入は理にかなっている

トランプ大統領デンマーク政府の実質管理しているグリーンランド島を購入したいと発言した。島全体が氷に覆われ人口5万6千人のグリーンランドを買いたいというので日本では失笑を買っている。

 

しかし地政学的にみるとトランプ大統領の意図は明確に浮き上がってくる。

 

第二次世界大戦終了後の1946年、トルーマン大統領は1億ドル相当の金塊と引き換えにグリーンランドアメリカに譲って欲しいとデンマークに交渉した。その理由はソビエトとの冷戦が始まっており北極点を超えてソビエト戦略爆撃機が襲撃してくる可能性があることだった。そのリスク回避のためには、北極点に一番近い陸地にレーダーサイトを作りソビエトから戦略爆撃機が飛んでこないか監視することが重要であった。しかし、その交渉は成立しなかった。それでもアメリカは1953年からグリーンランドの一番北西寄りのチューレに空軍基地を作りレーダーサイトを置いて監視をしている。

 

今度のトランプ大統領の目的はロシアではなく中国であろう。グリーンランド北辺の北極海は近年になり氷が急に減ってきたので、船が運航できるようになりそうだという。氷が無くなるとグリーンランドの金、亜鉛、石油などの地下資源が採掘しやすくなるであろう。しかし、ここに勝手に手を出すことはできない。アメリカ、カナダ、ロシア、スウエーデンなど北極圏の中に領土を持つ8ヵ国が、北極協議会を設置しており、そこで決める事になっている。日本はフランス、中国、ドイツなど12ヵ国でオブザーバーとして参加をしている。

 

中国は北極に領土はないが近傍諸国を取り込もうとしているようだ。2018年に氷のシルクロードで北極圏を周りアジアとヨーロッパを一帯一路経済で繋ぐと言い出した。

 

そこでアメリカもうかうかしていられない、というのがトランプ大統領の発言の背景ではないか。

さらにシリコンバレーの有力企業は世界の水不足を先取りしてグリーンランドの氷から水ビジネスを目論んでいるとの噂もあるようだ。

GSOMIA破棄を驚くのは意外だ。

私が意外に思ったのは貿易管理で韓国は信用できないと判断した日本がGSOMIAを破棄した韓国に驚くということでした。
日本が驚いたというのは韓国がGSOMIAを継続することは当然のことだと
考えていたからだと思います。
もしそうであれば、貿易管理という国家の安全保障上から重要度の低いものは信用しないが逆にGSOMIAのようにレベルの高いものに関しては韓国を信用していたいというのはおかしな話であり論理の矛盾ではないか。
論点は韓国の対応ではなく信用という論理展開の問題で日本の反応は意外でした。