読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済成長は必要か?

1941年ロシアの秋、破竹の進撃を続けたヒットラー軍はクレムリンまであと十数キロのところまで迫っていた。しかし例年より早い冬の到来が招いた泥濘と降雪が進撃の足を止め、世界で最も近代的な機械化部隊はその攻撃の成功にもかかわらず農業用荷車しか持たぬ歩兵部隊に頼らざるを得ない状況に陥り敢え無くヒットラー軍は敗退した。

 

これすべて兵站戦術の失敗であるといずれの戦史家も述べてきた。

兵站戦術とは軍隊を動かしかつ軍隊に食糧弾薬や他の戦争必需品を補給する実際的方法でありすべての戦需品の消費量予測と補給基地から前線部隊までの搬送手段、距離などを問題に不確定要素をも加味して専門家が叡智を尽くし研究した結果の戦術即ち補給線である。

 

ナポレオン、ヒットラーの戦争は電撃作戦が敵陣に与えた衝撃は大きく攻撃は成功したかにみえた、しかし進軍速度に追いつかない補給線その限界が進撃を停止させ思わぬ敗退を招いた。

 

16-17世紀の戦争の戦需品は主に食糧であり前線での現地徴収が可能であった。

近代戦は科学技術の発展が兵器、輸送手段の強化と前線速度の高速化を可能にする一方科学技術はかっての食糧と弾薬のみでなく現地調達が困難な自動車、重火器、燃料など幾何級数的な戦需品の多様化と増大をもたらすことになった。

 

日中戦争における日本軍失敗の本質もまさに補給線の欠如だった。

 

翻って現代は金権強欲至上主義に堕ちた資本主義経済戦争。かっては奇跡的な高度経済成長でジャパン・アズナンバーワンと世界に勇名を馳せたわが国。ところが近代経済戦争には不可欠なIT技術の進化がもたらした情報カオス戦の高速化と多様化に追いつけず成長戦略さえ企図できぬまま知の補給線が延び切ったこの国、起死回生とばかり声高に戦線拡大こそ国家の生命線と叫ぶ関東軍の如き亡霊が徘徊しているが果たしてこれ以上の経済成長を支える補給線の構築が可能だろうか?失われた20年とは兵站戦術失敗の連続ではなかったのか?

 

経済という山頂を極めてからはや四半世紀いまや身の丈に合った知的装備を整え大嵐到来前に下山の途につくべきだろう。そしてモノからコトへ脱資本主義の新たな価値創造という前人未到の登山計画を真剣に練る時期に入ったのではないだろうか?

 

ー18世紀の軍隊と近代の軍隊とを比較すると18世紀の軍隊は進軍が遅く軍需品倉庫に拘束束縛されていたどころか当時の運搬手段の理論的限界に対して近代の軍隊よりも優れていたー