bekiranofuchi’s blog

社会を独自の視点で描いてみたいという男のつぶやき。

共謀罪法案とアカシアの雨

けさ共謀罪法案が成立しました。
戦後の焼け跡から営々と築き上げてきた日本の戦後民主主義はこれにより終焉を告げられた感があります。
 
奇しくも6月15日は60年安保闘争で樺美智子さんが亡くなった日です。
あれから半世紀が過ぎてこのような日を迎えるとは夢にも思いませんでした。
 
TVを消して眼を閉じると耳もとに西田佐知子の「アカシアの雨がやむとき」がかすかに聞こえてくる気がします。
1960年6月15日、安保条約に反対する若者を中心とした民衆33万人が国会前に押し寄せました。
しかし空前絶後の参加者数を集結した国会前デモは機動隊と暴力団右翼団体の襲撃にあい、あえなく敗北を喫しました。
東大四年生の樺美智子さんが圧死したのはこの時でした。
ラジオから流れるニュースを布団のなかで聞きながらなぜか目頭が熱くなったことを哀しく思い出します。
 
安保闘争を主導した学生たちの挫折感、その運動を支持した民衆の絶望感、重苦しい梅雨空、それらが重なりあってこの歌に救いを求めたのです。
一番が「アカシアの雨にうたれて このまま死んでしまいたい・・・」と絶望の淵からはじまり
三番になると「アカシアの雨がやむとき 青空さして鳩がとぶ」とほのかな希望の灯りをみつけます。
 
あの安保闘争は敗戦の痛手からようやく心身ともに回復した民衆が民族の気概に目覚めて知った被統治体制の矛盾と束縛。
その「見えざる占領下体制」からの脱却を求めた民族自立運動だったのではないでしょうか。
 
一度は挫折した民衆ですが四年後の東京オリンピックそして十年後の大阪万博と右肩があがりに立ち直り経済では世界の一等国にのし上がりました。
しかし政治の世界では半世紀を経過しても「見えざる占領下体制」のまま進歩がないどころか後退を続けて今日のこの日です。
 
戦後政治の問題は多くの為政者が「見えざる占領下体制」にからめ捕られた他力本願の機会主義者であったことでしょう。
しかしそのような政治家を選出したのは国民であり徒手空拳で看過してきた責任は免れえません。
 
政治の後退問題の本質は国家に対峙すべき民衆がいつのまにか国家に従属する国民に変身してしまったことでしょう。
戦後政治を支えた民主主義とは個人の自由な意見の表明とその交換に基盤を置く「民衆の主動的活動」でありました。
ところがいまや「国民の被動的行動」となってしまいました。
 
都会の路地裏から田舎のあぜ道まで流れだして絶望する民衆の気概をやさしく喚起した「アカシアの雨がやむとき」。
いまこの時にこのような国民が拠りどころとする歌がありますでしょうか。
そんな歌がまったく見当たらない平成文化の衰退に嘆くばかりです。