bekiranofuchi’s blog

社会を独自の視点で描いてみたいという男のつぶやき。

『ちあきなおみに会いたい』


いまだ喝采はなりやまない・・・。学食で就職活動の話が流れてきたのは長雨が続く梅雨の日だった。

ちあきなおみのデビュー曲「雨に濡れた慕情」が深夜のTVから毎晩流れ出したのもちょうどその頃だ。TVを持たぬ私は夜ごと隣室の会社員を訪れ持ち込んだ安酒を肴に、TVに映るちあきなおみに聞き惚れていた。会社員の彼は東北の寒村から17歳の時に上京、それからアパート近くの製本工場に勤務したという。そして来る秋には幼馴染との結婚をまじかにひかえていた。いつもは口下手な彼だが酔いがまわると饒舌になった。日本の学生運動がなぜ崩壊したのか、やがて革命が起きると秘かに期待していたのにとTVに向かい呟くのが癖だった。それはノンポリに転じた私への愚痴とも軽蔑ともつかぬ繰り言に聞こえた。私は無言で酒をあおり続けた。やがて私の中では「雨に濡れた慕情」が戦後民主主義の御詠歌と言われた「アカシアの雨がやむとき」と混然一体となっていくのだった。

その前年、秋雨に濡れたヘルメットがネオンの下で激しく揺れ動く新宿騒乱、あの夜見た友の顔が眼前に浮かんでは消える。

春が来たら学生生活に別れを告げざるを得ない。将来への不安と過去の甘い哀愁に掻き立てられ私はいつしか涙腺を熱くしていた。こんな思い出に浸りたいとき、ひとりだけで深夜ラジオでちあきなおみを聞きたい。そしてあの彼はどうしているのだろうかと思い巡らしてみたい。そんな時には、ちあきなおみがドラマチックなストーリーを秘かに語ってくれるに違いない。