bekiranofuchi’s blog

社会を独自の視点で描いてみたいという男のつぶやき。

サザエさんと演歌の花道

日曜日の午後はいつも憂鬱な気持ちになった。夕暮れ時になると近隣のTVからサザエさんのテーマソンが華やかに聞こえてくる。すると月曜からはじまる暗澹たる仕事と今の茶の間の明るさとに大きな落差を感じた。日曜の夜があけると一転する己の境遇を嘆かざるをえないのだった。気の進まぬ夕食をすませやがて夜の帷が降りると周囲が静寂さを取り戻す。私は安酒を手にしてTVの前に陣取るのだった。ボリュームを絞ったTVからは心待ちにした来宮良子のナレーションがいつものように流れだす。

「浮世舞台の花道は  表もあれば裏もある 

 花と咲く身に歌あれば  咲かぬ花にも唄ひとつ・・・」
それは非日常から日常へと反転する時の流れに身を任せ人生の深淵にいざなう御詠歌を聞くにも似たものだった。
私は盃を傾け、咲かぬ花にも唄ひとつ…瞼を閉じて明日をおもうのだった。