bekiranofuchi’s blog

社会を独自の視点で描いてみたいという男のつぶやき。

『五色の虹 満州建国大学卒業生たちの戦後』-書評

本書で満洲建国大学なるものを初めて知りました。

 満州建国大学は関東軍満洲国政府の手により1938年、満洲国の新京市に創設されました。

民族協和を建学の精神として日本人、中国人、朝鮮人、モンゴル人、白系ロシア人の優秀な学生を集めました。その目的は五民族の学生に共同生活をさせ、お互いに切磋琢磨することで満洲国の指導者たる人材を養成する目的でした。

 

日本は満洲を建国したものの満洲国総人口の2%にすぎない日本人のみで圧倒的多数の異民族を支配すること不可能でした。そこで満州国の実権を掌握しながら五つの民族が手を取り合い王道楽土を作ろうというスローガンを掲げました。その実験場として建国大学を位置付けたのです。

 

すべて官費で賄われ全寮制、授業料免除で毎月小遣いも支給というので定員150人に対し日本および満洲国から2万人以上の志願者が殺到したといいます。

 

このノンフィクションは満洲国の崩壊とともにわずか6年で消滅した建国大学、その卒業生の最後の同窓会からはじまります。同窓会名簿をたよりに日本、中国、韓国、モンゴル、台湾、カザフスタンを歴訪して卒業生を探しだして彼らの戦後生活をインタビューしていきます。

 

神童、皇民と呼ばれた戦中の輝く学生生活から一転して戦後は侵略者のイメージと共産主義者(捕虜として受けた赤化教育)のレッテルに苛まれる日本人。戦後は抗日運動から反共運動家として数十年を監獄で送った中国人など建国大学消滅の後に意志と意地で力強く生きぬいた人たちのお話は興奮と感動につきます。

 

忘れたい戦後の過去をあえて語る卒業生がインタビューを受けた理由、それは生きているうちに彼らの体験を聞いてほしいからだと言います。そして異口同音に若かりし時を過ごした建国大学時代が本当に楽しいひと時だったと述懐します。

 

かって日本列島の外に青春の輝かしいアイデンティティとしての日本という国家とそのシンボルとしての満州という概念が存在していたのです。