bekiranofuchi’s blog

社会を独自の視点で描いてみたいという男のつぶやき。

沖縄県知事かく戦えり

翁長沖縄県知事が亡くなられた。

那覇市長からオール沖縄のスローガンを掲げて前知事を破り沖縄県知事に就任してから約4年。まさに孤軍奮闘そして獅子奮迅の政府との闘いであった。日本全土の0.6%に過ぎぬ沖縄の土地に在日米軍基地の70%が配置されたままの不条理。基地周辺で頻繁に起こる米軍人の不祥事そして相次ぐ米軍機の墜落事故。しかし日本政府は沖縄の過剰な基地問題は放置したまま。米軍人による不祥事や米軍機事故に対しては形だけの抗議をするのみで一件落着となってしまう。日本国憲法の上位法ともいうべき日米地位協定がある限りどうしようもないからだ。

この国の指導者の沖縄に対する姿勢は戦前から冷酷だ。あの日米戦で終局に至るや指導者は一億火の玉となり本土決戦だと国民を叱咤激励した。しかし本土決戦を実行したのは一億国民のうち沖縄県民のみだ。そして戦史上例を見ない軍人と同数の沖縄民間人の命が失われた。ところがこの国の指導者は自ら決戦に身を晒すことも玉砕することもなく無条件降伏してしまった。国民にも沖縄県民にも敗戦の詫びの言葉もないまま、今でもこの国の指導者は米国に無条件降伏を続けている。そんな永久敗戦国、日本の姿が象徴的に凝縮されているのが沖縄なのだ。

翁長知事はこんな国家に異議を唱え粘り強く沖縄のつまり日本の現状打破を訴え続けた。ところが政府もマスコミも翁長知事には冷たかった。さらに沖縄県民以外の多くの国民はそんな訴えに無関心であった。歴史を知らぬのか自分さえ良ければというのか同胞として何とも嘆かわしい限りだ。

沖縄玉砕の前夜、沖縄の海軍陸戦隊司令官大田実少将は、沖縄県民の悲惨な奮闘を讃え海軍次官あてに次のように打電した。

「謂フ

沖縄県民斯ク戦ヘリ
県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」

この痛切なる訴えはいまだ日本国と国民には無視されたままだ。天皇皇后陛下は皇太子ご夫妻時代を含め計11回沖縄慰霊のご訪問をなされているというのに。

この日本国の国民に訴えたい。

「翁長知事かく戦えり

沖縄県民に格別の配慮を賜らんことを」