bekiranofuchi’s blog

社会を独自の視点で描いてみたいという男のつぶやき。

強制される忖度

私は飛行機でも鉄道車両でも通路側の席に座るのが常である。通路の空間だけでも息苦しさをいくらか和らげてくれると思うからだ。

 


これは先日、旅行に新幹線を利用した時の出来事である。

本を読んでいると横に佇んだ初老の男がいるのに気がついた。隣が空席だったので、こちらですか、と聞くと無言で私の膝を跨いで隣に座った。失敬な、と思ったがすぐに気を取り直し横に座った男がバッグから取り出した本に目をやった。歴史的な旧跡のガイドブックだった。二つ目の駅がその中心地だった。そこで降りるのだろうと思うと読書に戻った。読書に夢中になり二つ目の駅への到着に気がつかなかった。すると男は無言でまた私の膝を乗り越え去っていった。

そこで乗車駅で買った名物の駅弁を開けて昼食をとり始めた。とまた横に人が立っている。今度は妙齢の女性だ。口をもぐもぐさせながら隣の席を指差して、こちらと聞くとムッとした顔からエエと甲高い声が帰ってきた。

弁当を片手に前のテーブルを跳ね上げると読みさしの本がテーブルから滑り落ちた。女性はその本を靴先で横に払い優雅な身のこなしで席に座った。さすがにむかっ腹が立ったが飯が不味くなるのでやめた。終点まで隣の席は変わらなかった。

そして終点の車内アナウンスの前に私は席を立ってドアに向かった。

 

通路側に座る人間はかならずしも乗務員ではないのである。すいません、の一言がなぜ言えぬのか?

 

いまや日本人は他者への配慮どころか他者が自分に配慮することが当然だと思っているようだ。いつの間にか忖度を他者に強制する日本社会になったようだ。