bekiranofuchi’s blog

社会を独自の視点で描いてみたいという男のつぶやき。

それでも経済成長は必要か?

1941年ロシアの秋、破竹の進撃を続けたヒットラー軍はクレムリンまであと十数キロのところまで迫っていた。しかし例年より早い冬の到来が招いた泥濘と降雪が進撃の足を止め、世界で最も近代的な機械化部隊はその攻撃の成功にもかかわらず農業用荷車しか持たぬ歩兵部隊に頼らざるを得ない状況に陥り敢え無くヒットラー軍は敗退した。

これすべて兵站戦術の失敗であるといずれの戦史家も述べてきた。
兵站戦術とは軍隊を動かしかつ軍隊に食糧弾薬や他の戦争必需品を補給する実際的方法である。すべての戦需品の消費量予測と補給基地から前線部隊までの搬送手段、距離などを問題に不確定要素をも加味して専門家が叡智を尽くし研究した結果の戦術それが補給線である。

ナポレオン、ヒットラーの戦争は電撃作戦が敵陣に与えた衝撃は大きく攻撃は成功したかにみえた、しかし進軍速度に追いつかない補給線その限界が進撃を停止させ思わぬ敗退を招いた。

16-17世紀の戦争の戦需品は主に食糧であり前線での現地徴収が可能であった。このため補給線は戦力増強と戦線拡大策に追従すれば事足りることが多かった。
しかし近代戦は科学技術の発展が兵器、輸送手段の強化と前線速度の高速化を可能にした。また科学技術はかっての食糧と弾薬のみでなく現地調達が困難な自動車、重火器、燃料など幾何級数的な戦需品の多様化と増大をもたらすことにもなったのである。補給線戦略が主役に躍り出たのである。

20世紀初頭には既に補給線が注目されていたのであった。日露戦争では、日本側が勝利するたびに日本公債が売られた。露軍が後退することで日本の補給線が伸びるリスクの方がロシア敗退より大きいと世界は読んだのである。

ところが日中戦争における日本軍は日露戦勝利への神話的信仰に執着するあまり補給線への配慮を欠いた。これが対米戦に至るまで展開された日本軍失敗の本質ではなかったのか。

翻って現代は金権強欲至上主義に堕ちた新自由主義の経済戦争真っ盛り。かっては奇跡的な高度経済成長でジャパン・アズナンバーワンと世界に勇名を馳せたわが国。しかし昔日の栄光を踏襲するまま安逸な日々を過ごしてしまった。そして今の日本がある。
モノへの欲望は有限でありコトへの欲望は無限なることに気付くのが遅過ぎた。


電子・金融機関の創造によりIT技術の進化がもたらしたモノのコモディティ化と情報知力戦の高速化と多様化、これが現代の経済戦争の特徴であろう。これにまったく追いつけず成長戦略さえ企図できぬまま知の補給線が延び切ったこの国、起死回生とばかり声高に一億総決起や戦線拡大こそ国家の生命線と叫ぶ大日本帝国軍の如き亡霊が徘徊している。
いっぽうでは連日のごとく発生する首都圏など公共交通機関のトラブルや立法行政府の不始末。
社会の物理的構造インフラは老朽化し民主主義の精神的インフラが陳腐化して、いずれもシステム疲労を起こしたうえに知の劣化が進行している。

見て見ぬ振りをして騙し騙されてきた官民共謀の延命策は万策つきつつあるのではないか。
絶頂期に策定した政策は福祉政策を含めてそのほとんどが画餅に帰しいまや国民国家の補給線そのものが非常事態に瀕しているのではないだろうか。

経済成長が至上命題である時代は昭和とともに終わり、そして経済成長が進歩であり幸福や善だと信じ切っていた国民的な道徳律も平成とともに終焉しているのではないだろうか。
そもそも今の日本という国は経済成長を支える補給線の構築が可能だろうか?バブル破綻からの失われた20年それに続くアベノミクスすべて兵站戦術の失敗その連続ではなかったのか?

いや、政府の無能無策を論じる前に本当に経済成長が日本の最大課題で国民それぞれの人生の最終目標だろうか。

過去の遺物に過ぎぬ物量経済という山頂を極めてはや30年が経過したいま、身の丈に合った知的装備を整え損失を最小限にとどめいったんは下山の途につくべきだろう。
そして新自由主義の呪詛を排し沈着に自身とその周囲環境を把握して知力を磨きモノからコトへの次に来る価値創造の戦略を考えるべきだろう。
令和とは新たなる山頂はどこかしかと見極め補給線を万全に整えた登山計画を真剣に胆力を持って練る雌伏の時期ではないだろうか?