bekiranofuchi’s blog

社会を独自の視点で描いてみたいという男のつぶやき。

中坊公平先生の想い出


平成16年ある暑い夏の日、京都に中坊公平先生をお訪ねしたことがある。

 

ある仕事をお引受けいただきたいと考えた末のお願いに伺ったのだ。 

アポイント時間より早く先生ご指定の旅館に着いたが約束の時間が過ぎてもいっこうに姿を見せない。約束時間に遅れることほぼ一時間ようやくお出ましになられた。ご多忙の先生から頂いた面談時間は一時間。時間がないので私は単刀直入にお願いを申し出た。

 お願いは法科大学院の学生むけ法実務の実態を抉る教科書執筆であった。

その年に法科大学院制度がスタートしていたのである。

私の話を聞き終わると即座に先生は仕事を引受ける際の条件を提示された。

提示条件は厳しいもので正午を経過するも合意に至らぬまま時間が経過した。

すると先生は私の苛立ちと熱意を逸らすかの如くご自身が大学受験から弁護士として名を成すまでの半生を唐突に語り出した。 

語り終える頃には既に午後一時を経過していた。別室に移り酒食を共にすること数時間、ようやく当方提案に合意を頂いた。 すでに夏の陽が傾き夕やみが賀茂川を覆いはじめていた。

私は早速お暇しようと挨拶もそこそこ玄関先に向かった。

すると先生は玄関先までお出になり土産だと八ツ橋を差し出された。

タクシーのドアが開くとチョット待てと仰られ女将に先生の著書を持って来させた。

そして、奥付に何かを書いて私に差し出された。  

タクシーが走り出して本を開くと「金でなく鉄として」と書かれていた。

 

東京に戻った私は次のプロジェクトに忙殺されていた。

しばらくすると先生に関する醜聞がマスコミを駆け巡りはじめた。

そんなある日の夕方、先生から約束の辞退申し入れのお電話を受けた。

理由を聞く私に余裕を与えぬ電話の音声から私は止むを得ず辞退を了解した。

政治絡みの謀略で先生が時の政権に陥れらたことを知ったのは二か月後だった。


京都に行くと今でも夕暮れの玄関先で先生が語られた言葉を想いだす。

「法解釈が上手いだけの弁護士は大勢いる。しかしいま必要なのは庶民の味方として権力に意義申し立てが出来る強い弁護士だ」

金ではなく鉄として・・・法科大学院の教科書執筆、それは法曹界への遺言だったのだろうか。

先生は私からの依頼を最後の仕事にしたいと語られた、その望みを達せられなかった悔いはいまでも絶ち切れないでいる。