bekiranofuchi’s blog

社会を独自の視点で描いてみたいという男のつぶやき。

ルネッサンス2.0へ。

英国の国民投票EU離脱が決定してから一年が経過しました。しばらくは政治と経済の動揺がしばらく続くでしょう。しかしこの問題の本質は政治経済問題ではなく文化問題にあると考えます。これをからはフランスはじめ欧州各国では自国文化と歴史の再評価の動きが胎動しはじめてやがては民族国家としての情念復興運動に到るのではないかと思います。

20世紀末からの産学トレンドであるモノからコトへの変化とは経済(ロゴス)から文化(パトス)への価値転換であり、今回の英国のEU離脱はまさにEU残留という経済的メリットより大英帝国の文化と誇りある民族の情念の方がより価値あるものとして英国民が決断した結果と言えましょう。
人はパンのみにて生くるにあらず…人が人たる所以です。
ルネッサンスローマ帝国の土壌から誕生したように今度は大英帝国から情念の復興運動とでもいうべきルネッサンス2.0がミュトス欧州において開花する予感がします。

「沖縄慰霊の日」


 今日は72年前の昭和20年6日23日、沖縄戦終結した日です。
沖縄戦では戦死者20万人そのうち半数の9万4千人が婦女子を含む民間人でありました。
沖縄戦終結してから27年の長きにわたり沖縄はアメリカの施政権下に置かれていました。昭和47年にようやく日本に復帰したものの国土の0.6%に過ぎぬ沖縄の土地に在日米軍基地の70%がいまだに配置されています。
あの戦争で日本の指導者は本土決戦を叫びながら自らは玉砕することなく無条件降伏してしまいました。指導者に従い本土決戦を決行したのは沖縄県民のみでした。昭和20年6月6日夜、沖縄の海軍陸戦隊司令官大田実少将は、海軍次官あてに次のように打電しました。のちに「沖縄県民かく戦えり」と呼ばれたものです。この電文の最後には「沖縄県民に対して後世特別のご高配」を賜るようにと悲痛な懇願をしています。

...

県民ハ青壮年ノ全部ヲ防衛召集ニ捧ゲ残ル老幼婦女子ノミガ相次グ砲
爆撃ニ家屋ト家財ノ全部ヲ焼却セラレ僅ニ身ヲ以テ軍ノ作戦ニ差支
ナキ場所ノ小防空壕ニ避難尚砲爆撃ノ□□ニ中風雨ニ曝サレツツ乏
シキ生活ニ甘ンジアリタリ而モ若キ婦人ハ率先軍ニ身ヲ捧ゲ看護婦
烹炊婦ハ元ヨリ砲弾運ビ挺身斬込隊スラ申出ルモノアリ所詮敵来リ
ナバ老人子供ハ殺サルベク婦女子ハ後方ニ運ビ去ラレテ毒牙ニ供セ
ラルベシトテ親子生別レ娘ヲ軍衛門ニ捨ツル親アリ
看護婦ニ至リテハ軍移動ニ際シ衛生兵既ニ出発シ身寄無キ重傷者ヲ
助ケテ□□真面目ニシテ一時ノ感情ニ駆ラレタルモノトハ思ハレズ
更ニ軍ニ於テ作戦ノ大転換アルヤ夜ノ中ニ遥ニ遠隔地方ノ住居地区ヲ
指定セラレ輸送力皆無ノ者黙々トシテ雨中ヲ移動スルアリ是ヲ要ス
ルニ陸海軍□□沖縄ニ進駐以来終始一貫勤労奉仕物資節約ヲ強要セ
ラレツツ(一部ハ兎角ノ悪評ナキニシモアラザルモ)只管日本人ト
シテノ御奉公ノ護ヲ胸ニ抱キツツ遂ニ□□□□与ヘ□コトナクシテ
本戦闘ノ末期ト沖縄島ハ実情形□一木一草焦土ト化セン糧食六月一杯
ヲ支フルノミナリト謂フ

沖縄県民斯ク戦ヘリ
県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ

私たちは米軍基地をはじめとする沖縄の置かれた状況を理解しているでしょうか、そして特別の配慮を沖縄県民に払っているでしょうか?
いまの日本の平和は沖縄の人たちの血と汗と涙の結晶の上にあることを日本人として決っして忘れてはならないと思います。

『ちあきなおみに会いたい』


いまだ喝采はなりやまない・・・。梅雨空が続き就職活動の話が学食で流れ始めた。デビュー曲「雨に濡れた慕情」が深夜のTVから毎晩流れ出したのはその頃であった。私はTVを見たくて夜ごと隣室の会社員を訪れ安酒を肴にちあきなおみを聞いていた。その会社員は東北の寒村から17歳で上京、近くの製本工場に勤務し結婚をまじかにひかえていた。口下手な彼が話すことはいつも学生運動がなぜ崩壊してしまったのか、革命が起きると信じて応援していたのにとノンポリの私への愚痴とも軽蔑ともつかぬ繰り言であった。やがて酒がまわり60年安保の鎮魂歌「アカシアの雨がやむとき」となぜか新宿騒乱の敗戦歌に聞こえ出した「雨に濡れた慕情」が混然となり、学生への別離一歩手前の不安と哀愁に掻き立てられ私はいつしか涙腺を熱くしていた。こんな思い出に浸りたいとき、深夜ラジオでちあきなおみを聞きたい。そしてあの会社員は今はどうしているのだろうかと思い巡らしてみたい。たぶん彼女はドラマチックなストーリーを語ってくれるに違いない。

 

中坊公平先生の想い出


平成16年暑い夏の一日、京都に中坊先生をお訪ねしたことがある。

 

ある仕事をお引受けいただきたいと考えた末そのお願いに伺ったのだ。

 

アポイント時間より早く先生ご指定の旅館に着いたが約束の時間が過ぎてもいっこうに姿を見せない。約束時間に遅れることほぼ一時間ようやくお出ましになられた。ご多忙の先生から頂いた面談時間は一時間。もう時間がないので私は単刀直入にお願いを申し出た。

 

話を聞く終わると即座に先生は仕事を引受ける際の条件を提示された。

このため正午を経過するも合意に至らぬまま私の苛立ちと熱意を逸らすかの如く先生は大学受験から弁護士として名を成すまでの半生を唐突に語り出した。

 

語り終える頃には既に午後一時を大幅に経過していた。別室に移り酒食を共にすること数時間、ようやく当方提案に合意を頂いた。

 

早速お暇しようとすると玄関先までお出になり八ツ橋をお土産だと差し出された。タクシーに乗るとチョット待てと仰られ女将に先生の著書を持って来させた。そして、奥付に「金ではなく鉄として」と書かれて私に差し出された。

 

それから暫くして先生に関する醜聞がマスコミを駆け巡り先生から約束の辞退申し入れを受けた。理由を聞く余裕を与えぬ電話の音声から私は止むを得ず了解した。そのあとで政治絡みの謀略で先生は時の政権に陥れらたことを知った。


京都に行くと今でも夕暮れの玄関先で先生の言葉「法解釈が上手いだけの弁護士は大勢いる。しかしいま必要なのは庶民の味方として権力に意義申し立てが出来る強い弁護士だ」と私からの依頼を最後の仕事にしたいと語られたことをつい昨日のように想い出す。先生のその望みを達せられなかった悔いがいつまでも残ります。

任侠映画を超えた日本映画の最高峰「総長賭博」

~シトシトと雨の降る夜は任侠映画を~

これは何の誇張もなしに「名画」だと思ったー三島由紀夫ギリシャ悲劇を超えたと絶讃した作品です。
三島が絶賛したのもむべなるかなで一部の隙も無駄もなく日本文化の清華を下敷きに日本社会の悲劇を描き出しています。...

あらすじを語ると哲学的になりすぎてこの映画の面白さや深みが損なわれるので省略しますが、組織(義理)と個(人情)の葛藤を練りに練った日本古来の土壌が生み出す悲劇として日本的様式美に徹して描き切った任侠映画の名作です。

とくに雨の墓地のシーケンスは最高です。義理と人情の狭間で自害した連れ添いの墓前にたたずむ鶴田浩二その妹の藤純子、その夫若山富三郎が繰り広げる組織論は深緑に埋めつくされた墓地を背景に簡潔なセリフのやり取り、それを覆いつくして篠突く雨、その雨のなか三人がさす薄茶、薄紫、薄緑の番傘が日本の背負った悲しき性、義理と人情を象徴して哀しいほどにきれいです。
京都で青春を燃焼した監督山下耕作が蓄積してきた日本の自然と人情と様式美をカラフルにそして静謐に結晶させています。
山下独特の色彩美と雨がもつ情緒の組み合わせはまさに名人芸です。そして権力抗争の途上で期せずして担ぎ出された総長役を名和宏が義と情の両立に揺れ悩みぬく男心をみごとに演じています。

全編を貫く研ぎすまされたせリフと端正な映像は一点の曇りもなく悲劇の終末へと向かう。
かのヴィスコンテイにも比肩する格調と哀愁を醸し出した永遠の傑作です。」

 

共謀罪法案とアカシアの雨

けさ共謀罪法案が成立しました。
戦後の焼け跡から営々と築き上げてきた日本の戦後民主主義はこれにより終焉を告げられた感があります。
 
奇しくも6月15日は60年安保闘争で樺美智子さんが亡くなった日です。
あれから半世紀が過ぎてこのような日を迎えるとは夢にも思いませんでした。
 
TVを消して眼を閉じると耳もとに西田佐知子の「アカシアの雨がやむとき」がかすかに聞こえてくる気がします。
1960年6月15日、安保条約に反対する若者を中心とした民衆33万人が国会前に押し寄せました。
しかし空前絶後の参加者数を集結した国会前デモは機動隊と暴力団右翼団体の襲撃にあい、あえなく敗北を喫しました。
東大四年生の樺美智子さんが圧死したのはこの時でした。
ラジオから流れるニュースを布団のなかで聞きながらなぜか目頭が熱くなったことを哀しく思い出します。
 
安保闘争を主導した学生たちの挫折感、その運動を支持した民衆の絶望感、重苦しい梅雨空、それらが重なりあってこの歌に救いを求めたのです。
一番が「アカシアの雨にうたれて このまま死んでしまいたい・・・」と絶望の淵からはじまり
三番になると「アカシアの雨がやむとき 青空さして鳩がとぶ」とほのかな希望の灯りをみつけます。
 
あの安保闘争は敗戦の痛手からようやく心身ともに回復した民衆が民族の気概に目覚めて知った被統治体制の矛盾と束縛。
その「見えざる占領下体制」からの脱却を求めた民族自立運動だったのではないでしょうか。
 
一度は挫折した民衆ですが四年後の東京オリンピックそして十年後の大阪万博と右肩があがりに立ち直り経済では世界の一等国にのし上がりました。
しかし政治の世界では半世紀を経過しても「見えざる占領下体制」のまま進歩がないどころか後退を続けて今日のこの日です。
 
戦後政治の問題は多くの為政者が「見えざる占領下体制」にからめ捕られた他力本願の機会主義者であったことでしょう。
しかしそのような政治家を選出したのは国民であり徒手空拳で看過してきた責任は免れえません。
 
政治の後退問題の本質は国家に対峙すべき民衆がいつのまにか国家に従属する国民に変身してしまったことでしょう。
戦後政治を支えた民主主義とは個人の自由な意見の表明とその交換に基盤を置く「民衆の主動的活動」でありました。
ところがいまや「国民の被動的行動」となってしまいました。
 
都会の路地裏から田舎のあぜ道まで流れだして絶望する民衆の気概をやさしく喚起した「アカシアの雨がやむとき」。
いまこの時にこのような国民が拠りどころとする歌がありますでしょうか。
そんな歌がまったく見当たらない平成文化の衰退に嘆くばかりです。
 

アザミちゃんという名の犬。

半年ぶりに田舎の温泉街で年上のゴルフ仲間と痛飲した。

妻を早くになくした彼のマンションは相模湾を一望する楕円形の建物の最上階にあった。

その部屋に彼はアザミちゃんという名の老犬と暮らしていた。

昔その名の由来を聞いたが彼は照れ笑いをしただけだった。

海に面した大きな窓の前には古びたグランドピアノが置かれていた。

音大をでた彼の母親は子ども相手のピアノ・レッスンで生計を立て彼を育てた。

陸大卒の父親は彼が生まれる直前にラバウル沖で戦死していた。

母が夫の戦死を聞かされたのは終戦間際だったという。

グランドピアノは亡き母の形見なのだ。

週末恒例のカンツリークラブでのゴルフが終わるといつも彼はマンションに直行した。

そして帰りを待つアザミちゃんを海岸の散歩に連れて行く。

私は山際のマンションに戻り温泉に浸かる。

そして散歩からアザミちゃんが戻る頃合いを見計らって彼の部屋を訪ねるのだった。

ドアを押すと彼の奏でるショパンとともにアザミちゃんが膝元に飛びかかってくる。

それからアザミちゃんをソファにすわらせ相模湾に沈む夕陽をながめながら冷えたシェリーを酌み交すのが常だった。

そんなアザミちゃんがひと月前に亡くなった。

直後に彼からのメールで知らされた。

慰めの言葉も機会も見つからぬまま今日まで来てしまったのだった。

アザミちゃんの話も尽き閉店時間だと告げられ店を出た。

外は季節外れの雨だった。

バーカウンターの隅で私たちの話を聞いていた店主が背後から傘を差し出した。

傘を手にして彼が誰にともなく呟いた。

「アザミちゃんが居なくなって帰り時間を気にする必要がなくなったよ…」

声は気丈夫には聞こえなかった。

そぼ降る雨の中へと少し左肩を落とした彼の後ろ姿が消えていった。

半開きのドアから有線放送が流れていた。

"雨の降る夜は 何故か逢いたくて
濡れた舗道をひとり あてもなく歩く"

(「雨に濡れた慕情」)