bekiranofuchi’s blog

社会を独自の視点で描いてみたいという男のつぶやき。

12月8日に考える。

 12月8日に考えること。

それは、
なぜ戦争は始まったのか?
分岐点はいつだったのか?
なぜ戦争に敗れたのか?
である。

敗戦直後の1945年11月、わが国は戦争への道を自らの手で検証しようと国家的プロジェクトを立ち上げた。
それが戦争調査会だった。
幣原喜重郎内閣において幣原自らが総裁に就き、長官には庶民金庫理事長の青木得三、各部会の部長には斎藤隆夫、飯村穣、山室宗文、馬場恒吾八木秀次を任命し、委員・職員は100名ほどという、文字通りの国家プロジェクトだった。

多数の戦犯逮捕、公文書焼却など困難をきわめるなかおこなわれた40回超の会議、インタビュー、そして資料収集。
ところが調査会メンバーに旧帝国軍人がいることをソ連が問題化した。調査結果を利用して次は勝利の戦争へと日本を誘導することを危惧したのだ。戦争調査会として目的を達するために軍人を参加させてこそ趣旨に沿うものであることは自明の理であった。そこで占領下における連合国のメンバー米ソ中英で議論が交わされた。最後は日本の精神的独立よりも国際的協調策を選択した米国がソ連に同調した。マッカーサーは戦争調査会の廃止を命じた。
1946年3月の第一回総会からわずか半年後に戦争調査会は調査の経緯も結論も集約することなく静かに幕を閉じたのである。
その時に集められた関係者への事情聴取と資料は、公文書館などの書庫で眠り続けていた。しかし昨年、
『戦争調査会事務局書類』として公開された。
12月8日にやるべきことはこの文書を読み解き引き継いで調査をまとめて結論を導き出すことではないか。

『幼児教育の経済学』ジェームズ•J•ヘックマン著ー書評

 

人間と経済の関係を出生率1.8などと無機質な数値でしか把握できず、公平性と効率性は公的投資における二律背反命題だなどという国の問題点がよくわかります。

また17歳以下の子供の貧困率が16.3%という日本の公共政策に携わる人のみでなく幼少期の子供、孫を持つ人に一考を促す本でもあります。

著者のヘックマン教授は自発的選択によって生じる予測の歪みを修正する方法により2000年のノーベル経済学賞を受賞。

ヘックマン教授は米国における就学前プロジェクトの分析(3-4歳から40歳までの被験者と非被験者の経過分析など)から人生で成功するか否かは認知的スキル(算数、国語などのスキル)だけでなく非認知的な要素(肉体的・精神的健康、根気強さ、注意深さ、意欲などの社会的・情動的性質)が欠かせないとして幼少期への教育介入論を展開します。

この論理に関して教育、経済、法律、心理学など各界の専門家10名が賛否の意見を述べ各コメントに対してヘックマン教授が回答する形で自説を集約します。

いわく恵まれない子供の幼少期への公的投資はその利益率が第二次大戦から2008年までの米株式配当額を上回り、政策的な再配分というものは社会の不公平を減じるものの長期的には社会的流動性や社会的包容力を向上させない、それよりも恵まれない子供の幼少期への公的「事前配分」をすべきである。

その結果として低所得層に終わる人が中間所得層に浮上し暴力や社会保障コストを減少させていく、公的投資の公平性と効率性をともに実現し人と経済の乗数効果を生み出すとしています。

『イエス・キリストは実在したのか?』  レザー・アスラン著 ー書評

 

実際のイエスは平和と愛を説いた救世主や宗教家ではなく、ローマ帝国とその権力に迎合したユダヤ教に対する武力闘争をも辞さぬ革命家であったことを明瞭に示した一冊。

エスの死後そのメッセージを伝えるべき使徒は読み書きもできない農夫や漁師であり代わりにイエスの物語を構成したのは教育があり都会化されたギリシア語を話す離散ユダヤ人であった。

...

彼らはギリシア哲学やヘレニズム思想に浸り、イエスのメッセージをギリシア語を話す自分たちの仲間や異教徒の隣人の嗜好にあうように解釈してローマ風の物語を作っていった。

やがてイエスはローマとユダヤ教権力の抑圧からユダヤ人を開放することに失敗した革命家から浮世離れした天界の極楽トンボとなったのである。

書評『ハロウイーンの文化誌』

 

1938年10月30日、100万人が避難したといわれる米国CBSの火星人襲撃放送。じつはハロウィーン向けラジオ放送だった。

黒猫、魔女、カボチャというハロウィーンの主役三点はポーの「ユーラルミー」ホーソンの「ヤンググッドマン・ブラウン」アーヴィングの「スリーピー・ホローの伝説」それぞれの作品で象徴的に取り上げられたアイコンであった。そこでこれらの作品はハロウィーン小説の原点と言われる・・・。

近年我が国では祝祭的に取り上げられバレンタインをしのぐ経済効果と言われるハロウィーン
その語源、起源から説きおこし現在に至るまで世界各国の文化に根付いたハロウィーンの歴史をたどる。その背景は宗教から人類史まで広範にわたり著者の博識には脱帽する。

また多くの図説が掲載されて読んで見て楽しめるハロウィーンのデズニーランド的楽しさいっぱいの書誌である。

なによりも世界的なイベントに押し上げたのは子供、怖さ、スイートという三点セットをパッケージ化したアメリカの文化だという指摘には納得。

書評 「Q」ルーサー・ブリセット

 

1517年、ルターはローマ教会に抗議してヴィッテンブルクの教会に95か条の論題を張り出した。贖宥状批判に端を発した宗教改革運動はドイツ騎士戦争から農民戦争へと紛争は神聖ローマ帝国全土に拡大しシュマルカルデン戦争を経て1555年アウグスブルクの和議に至る。
その結果、信仰の選択は都市や領主が決定することとなった。

実在した人物群像に虚構の人物を巧みに配し既得権益をむさぼる支配層(カール5世、ローマ教会)と抑圧された被支配層(農奴、人民)そして新興勢力層(プロテスタント、学者)の三つ巴構造が浮き彫りにされる。

主役を特定せぬまま幾多の語り手が登場する。彼らは各地で頻発する血で血を洗う層間闘争、各層の内部抗争を冷静に時には激情的に語る。その背景はセピア色の中世を彷彿とさせるアウグスブルクニュルンベルクなど二十近い都市で時間を交差し過去からの重いテーマ(信仰と自由)を載せて舞台は回る。

ミステリー仕立てではないのにいつのまにか時計の針を止める犯人(既得権益の悪を知りながらも権力に追従する)探しに陥る自分、そして舞台はやがて暗転して結末を迎える。

なんとも不思議な魅力いっぱい面白さ抜群、傑作!

「この国は国家社会主義に向かうのか」



この数年にわたり気になる問題があります。
それは、おおくの大手企業が増収増益を継続的に達成しているにもかかわらず従業員の賃金が上がらないという。これではデフレ脱却ができないというので政府が賃上げ目標を設定して税控除のニンジンまでぶら下げて企業に賃上げを迫る構図です。

これでは民間企業の財布に平然と手を入れてはばからぬ国家社会主義ではありませんか。

さらに政府のみならず御用学者も口をそろえて、企業の増益と人手不足にもかかわらず賃金が上がらないのはおかしいと騒ぎ立てる始末です。
おかしいことはなく理由は明白です。それは、従業員の生産効率の低さにともない賃金を抑圧せざるを得ぬからでしょう。結果として労働分配に回さぬ利益の行き着く先は余剰資金のブタ積みです。従業員より問題なのはイノベーションどころか新規事業など資金の有効活用など思いもつかぬ怠慢で無能な経営です。いっぽう生産性の低さのおかげで意図せざる人手不足の状態となっており失業率は完全失業率に近づいています。つまり貧しさをみんなで分け合う社会主義的公平性を生み出しているのです。昔のように従業員が春闘など賃上げストをしないでしょう。若者の多くは現状維持の政権を支持しているのです。
つまりこの国の社会は効率性を犠牲にして公平性を擁立しているわけです。

近ごろ為政者が熱く語るのは、「教育無償化」、「ひとづくり革命」そして「生産性革命」です。
いずれもヒトをどうするかのたいへんに重要な課題なのです。
しかし、お上の美辞麗句のその下から透けて見える下心はヒトを「人間」としてではなく「労働力」としてしか見ていないのではないかということです。

教育のおおきな目的は知性と教養を備えた人材の育成といえるでしょう。
そのためにはまず優秀な教育者が必要です。しかし文科省は産業界のニーズに対応した体制整備をおこなうため産業に役立つ理科系に注力するとしており巷では文科系不要論まででています。こんなことで然るべき教育者が育成できるのでしょうか。
理科系、文科系という発想自体ガラパゴスですがあえて文科系的な教育が必要なことの例をあげます。
教育無償化は国民の税金を投入するものですから、教育機会の公平性と投資効果との両面から検討する必要性があります。この問題については2000年のノーベル経済学賞を受賞したジェームズ・J・ヘックマン教授がある結論を出しています。
公的投資を悩ます公平性と効率性のジレンマは幼少期(3-4歳)介入ではほぼ存在せず損失は利益を上回らないというのです※。しかし、その前提条件は週に一度は先生が家庭を訪問し指導に当たる。その指導は認知的スキル(あえていえば理科系)のみでなく非認知的な要素すなわち肉体的・精神的健康や情動的性質(あえていうと文科系)の養成に充てるというものです。(「幼児教育の経済学」)
*40年間の追跡調査をした結果、被験者は高卒後に持ち家率、平均所得が高く、逮捕者率も低かった(被験者と非被験者のIQは同じ)利益率は6-10%でいっぽう第二次大戦から2008年までの米国株式配当率は5.8%。
幼少期教育はこのようなデータもあるので無償化はうなずけるとしても小学校以降の無償化はまったく理解できません。
教育どころか雑務に追われる小中学校の先生に無償児童の費用負担を転嫁するのでしょうか。高等教育に至ってはまともに教育できる教育者がどれほどいるのでしょうか。
文科省には少なくともヘックマン教授のような検討を行ってみてほしいものです。

それよりも懸念されることは国費による無償化教育では政府主導の画一的な教育が強制される危険性です。この結果うまれてくるのは体制に忖度、奉仕する単なる労働力としてのヒトでありましょう。これが為政者のいう「ひとづくり革命」ではたいへん困ったことになるでしょう。一歩ゆずって政府の言うとおり文字通りに知性と教養に溢れて機械で置き換えのできない「ひとづくり」ができたとしましょう。

そこで問題は「生産性革命」です。
生産性革命とは現在の非効率な生産性を否定して生産効率の極大化を図ることです。
効率性を犠牲にして公平性を選択した大企業とくに従業員は大変なことになります。いままでの価値と生存体系の完全な逆転です、効率性を選択した企業は余剰資金を惜しみなく使いコンピューター化、ロボット化そしてAI化を図るでしょう。そして多くの従業員は路上に放り出されるでしょう。
その結果、幸いにも残された従業員の給与は上がり企業の利益増大と共に税収も増加してメデタシでしょうか。「ひとづくり」で生み出された人はどこにいくのでしょうか。
これ以上は「たられば」ですから止めておきます。

論点です。
「教育無償化」はともかく「ひとづくり革命」「生産性革命」さらには「働き方改革」まで含めて本来は国ではなく民間が自主的に取り組む課題です。

しかもそれぞれの課題はその相互関係に矛盾が見出されます。
ひとづくりと生産性とは整合するものでしょうか。教育無償化と生産性は両立しうるものでしょうか。
このような疑問と矛盾を抱えたまま国会での議論もあるやなしか為政者の意向のまま一気呵成に戦術論は実行に移されつつあります。

わたしが危惧するのは、このままでは公平性と公共性の美名のもとに箸の上げ下ろしまで国が介入してきて個人と企業の自由は束縛され果ては個人の尊厳まで失い国家社会主義にたどり着くのではないかということです。

もっとも重要で本質的な問題。
それは国家ビジョンがないまま繰り返しこのような戦術論が先行するこの国の政治の貧困と血税を投入するにもかかわらず沈黙する国民でしょう。

京都の平熱――哲学者の都市案内 (講談社学術文庫)

京の魅力。それは時空間を集散したカオスが織りなすアナーキーな心地よさ。
だから京都ではなく京と僕はいつも書く。なんといっても京と京都では酒のうまさが違う。
そこで、こんな本を見つけた。...

京都育ちの哲学者が市バス一系統だけで名所旧跡を周回する。しかし観光案内をするのではない。祇園に降り立ち、ここは都市の隙間のいかがわしきものがぎらぎらとあるいはくすんでよどみ沈殿してゆくと語る。なぜなら、いかがわしいものは際へ際へと押しやられ八坂まで来るとそこはもう山の麓、この先は行き止まりそこで行き場を失ったものが町なかにひそかに還流を仕掛けるが、洛中はふたたび際へ押し返すそうとして都と鄙のあわい空間が祇園になるという。平家物語を髣髴とさせる一文ではある。そして著者は際の極致として舞妓と托鉢僧に正と負の極みを見る。人は極みをとことん追求すると奇人とされる。正と負の両極を見ながら育つ京都人は奇人に寛容、しかし見て見ぬふりをする。おもろいという心の余裕、それが京の 粋だという。文化風土から都市論へと発展するが深みにはまらず、はんなり終わる。著者は同年輩の哲学者、思考の方向も奥深さも各段に違う、脱帽。