bekiranofuchi’s blog

社会を独自の視点で描いてみたいという男のつぶやき。

民主国家と強権国家

民主国家と強権国家という二項対比は直感的にわかりやすいのですが、
ふたつの「国家」そのものの本質を定義したうえでの比較論であるのか疑問を感じます。

わたしは民主、強権いずれの国家も「国民国家」だと思います。
国民国家とは何かというと、わたしは次のように定義します。
単一民族国家といえる日本人には容易に受け入れがたいと思いますが)
"ほとんど人為的でしかない国境や民族を(フィジカルな)基礎に置きながら、
観念としての国民というフィクションを(メンタルな)基盤に拠って強制的に
同化と統合を図ることで成立する形態″

したがい民主、強権や専制などの国家に付された形容詞の意味するものは
国民国家における統治と政治社会形態の違いと解すべきと思います。
フィジカルとメンタルの統合失調がもたらす宿命を背負った国民国家は、
国内外で様々な矛盾や差別を噴出させ、その相克不能の妥結への正当化と拒絶
という思想的葛藤と政治的競合を繰り返してながら、
それぞれの国家は政治社会の近代史を形成してきたと考えます。
「民主国家と強権国家の議論とは」
国民国家という本質には言及せず、"いまここだけの状況"論から民主と強権との
ラベルを張りをしているにすぎないのではないでしょうか。

追記)
このような国民国家とは被動的国民がメジャーであり、
主動的国民がメジャーたるべき主権国民国家というものを目指すべきであります。
主権国民国家はいまだ形成途上にあり、他国民との文化・伝統の差異性を理解し承認することで排他性に拠らない自己確立を遂げつつ、同時に国家としての同質性(ジェンダーなど多様性の容認と平等性の担保など)の認知を国際的に求めなければならないという、これまた矛盾した要請にさらされている状況と思います。